福島高校

春の大会まで1ヶ月を切りました。

今回は高精度体成分分析装置(InBody)測定です。

体重・除脂肪量ともに増えてきており、選手たちも食トレの効果を実感してきています。

苦しいことや辛いことを乗り越えたとき、必ず自分達の力となって戻ってきます。

もう一踏ん張り!

ベストコンディションで大会を迎えよう!

六日町高校

オフシーズンも残り少なくなって来ました。

まだまだグランドや学校の周りには雪が沢山ありました。

外の練習が出来ない中で出来る事にしっかり取り組んだ選手達、オフシーズン前半の筋力測定に比べて今回の指導ではどうか?

ほぼ全員が筋力アップしていました!

あとはこのオフの頑張りを実践での練習や試合で発揮するだけです!

これからもチーム全体で食事、トレーニングを継続して取り組んで行こう!

 

 

浦和学院

2年生は修学旅行で不在の為、1年生だけでのトレーニングとなりました。

春から見違える様に身体造りの成果が見えています。

4月からは先輩になる1年生達、後輩達の見本になる様に食事、トレーニングに取り組んだこの1年間の頑張りをこれからも継続して行こう!

滋賀国際情報高校 ラストスパート!

11月オフ期に入ってから身体作りに集中してきた選手たち。

変動グラフがうなぎのぼり?ばりに急上昇した選手もいます。

監督曰く、急速も上がっているそうです。

身体ができてくると、意欲も上がり自信に満ちてきます。それが心身ともに野球の中で発揮できるようになります。

もうすぐシーズンイン、とても楽しみです。その前に後1ヶ月身体づくりの目標設定をしました。

ベストコンディションで大会に望めるように、ラストスパート‼️

 

 

 

1月 長岡高校 硬式野球部!

長岡高校では、

今年も保護者の方々が選手たちの食事を作って下さる『食トレ調理実習』を実施致しました!

選手たちは、お母さんが作ってくれた美味しい料理をみんなもくもくと食べていました!

1年前よりも食トレで食べる量、スピードが増したので、全体的に完食できた選手のスピードも早かったですね◎

完食できなかった選手も昨年よりも少なく、ほとんどいませんでした。

自分たちの身体作りを毎日支えてくれているのは、1番はやはり

お母さんです。

そのことを改めて実感し、

食トレで成果を打ち出し、

公式戦で勝利を積み重ね、

全選手、大切な大切なお母さんへ

“感謝を形に”

 

いつも、ありがとうと。

 

1月 小金高校 硬式野球部!

この1ヶ月間で成長した選手もいれば、伸び悩んだ選手もいます。

練習試合もない、このオフシーズンでは、いかに目的意識を

自ら工夫して“わくわく”練習やトレーニング、食トレに取り組めるかが大切です!

このオフシーズンを最大限に活かそう!

長岡高校

先月のMAX測定から各自のトレーニングの負荷設定を行いトレーニングに取り組みました。

この日は調理実習もあり保護者の方々が作って頂いた食事を実際に食べて食べるペースや各自に必要なご飯量も再認識出来たと思います。

早いものでオフシーズンも折り返しになります。

食事、トレーニングと共に体調管理も徹底して更に進化して行こう!

投手合宿最終日!

いよいよ今年の投手合宿も

本日で最終日!

今まで指導を受けた内容を

頭だけではなく身体に染み込ませるように、何度も反復練習!

そして、ブルペンで捕手に向けて

本番をイメージして投球練習。

動画撮影を行い、随時チェックすることで自分の感覚と理想のフォームとの差をどんどん埋めて、精度を高めていきます。

同時に、クリーチャートレーニングを行い、マウンドで“使える”身体にするトレーニングも覚えていきます。

夜は、最後に技術面だけではなく

成長する投手、プロに行って上手く行っている投手に共通する

大切な3つの要素を集中して学びます。

1つ目は、“能力”

2つ目は、“熱意”

そして、さらに

3つ目は、“⚪⚪⚪”

これは、投手合宿に参加して

厳しいトレーニングを最終日まで耐え抜いた選手だけが教わることができます。

さあ、この投手合宿で学んだことを“思い出”にするのか、

または、

日々、忘れずに反復練習を繰り返し“自分のもの”にするのかは

君が

“どれほど甲子園のマウンドに立ちたいか”

または、

“再び甲子園のマウンドに立ち、今度は、甲子園常連高校に絶対に投げ勝つ”

と、本気で毎日思い描いているか。

にかかっています。

今年の投手合宿に参加した

全国各地から集まった32名の選手。

北は秋田県から、

南は沖縄県石垣島出身の選手まで

全ての選手の成長に

期待しています!

心から!!

 

投手合宿5日目!

投手合宿5日目!

5日目になると、投手フォームが改善した選手も増えてきます。

自分のクセを正しいフォームへ修正することは簡単なことではありません。

しかし、それぞれの選手が

指導を受けた自分の“課題”を克服するために、全体練習後の自主練習時間に反復練習にも励んでいます。

また、5日目になると厳しいトレーニングにより身体が悲鳴を上げている選手もいます。

投手として、より強い身体になるための登竜門です。

ただ、より回復を早くするために、よりパワーアップした強い身体になるために、栄養バランスがとれた食事をたくさん食べることが必要です。

さあ!6日目もこの仲間たちと切磋琢磨するぞ!

 

厳しいトレーニング

 

 

投手合宿4日目!

投手合宿4日目!

32名の選手たちも息を合わせて

厳しいトレーニングに耐えています。

トレーニングは“苦しい”と感じてからが勝負でもあります。

公式戦で、“苦しい”場面は何度もあるはずです。

ここで苦しいトレーニングに耐えることも、来年の公式戦での苦しい場面を乗り切る力にも繋がります。

さあ!

明日、明後日も

自分の成長のために集中していこう!

その姿勢がチームの力になります。