自分を知る!神辺旭高校

今回は、インボディ測定を実施し、自分の体がアスリートとしてどうなのか、自分で確認しました。

甲子園に行くためには、絶対的に体が必要です!

自分が今、食べているものに満足せず、もっと良くなるために、もっと強くなるためにと向上心をもって行きましょう!

 

勝つか負けるかも自分次第。

やるかやらないかも自分!

 

来年は勝とう!1番を目指そう!

勝負!西条農業高校

中国大会まであと少しのところまできました。

しかし、毎年あと少しでNo.1という目標が達成出来ていません。

西条農業の選手は、ここからが課題です。

食トレでも、いいところまで成長しても、そこで終わってしまっています。

野球でNo.1になるために、食トレの取り組みもNo.1になりましょう!

徹底力が最後の底力になる!!

弱点克服!高陽東高校

夏、秋と同じ相手に敗れてしまいました。

この敗戦をきっかけに、弱点が明確に見えてきたと思います!

あと少しの差です。

食トレの取り組みもあと少しです!

しかし、ことあと少しの差が、甲子園に行けるか行けないか、大きな差になります!

アスリートとして、更に上を目指していくために、やるべきことをやりましょう!

常に基準は高く。

この冬は食トレでパワーアップを!!

甲子園を終えて!益田東高校

夏の甲子園に見事出場した、益田東高校。

甲子園を終えて、新チームのスタートを切りました。

先輩たちと比較するのではなく、自分達の長所、短所をしっかり見つめ、このオフシーズンでさらに強いチームにしよう!!

今月の課題についても、チーム全員で実行しましょう!

一流のアスリートだからこそ、周りの選手にもよい影響を与えられるようになりましょう!

 

やるからには、最強を!

強さを求める!福島高校

福島高校の選手は、毎月必ず結果を出してくれます。

チェックすべきことは、必ず実行していきます。

ただ、もうひとつ進歩しなければならないのは、目的をしっかり持つことです。

言われたからやる選手より、自分で目的を持ってやる選手のほうが、間違いなく成長します!

食トレでも勝つために、強くなるために、しっかりとイメージと目的を持って、トレーニングの意識を忘れないようにしましょう!

オフシーズン継続出来れば、大きな成長となります!

来年が楽しみです!

来年こそは、てっぺんを!!

弱点を強みに!下関商業高校

3年生が引退し、人数も減り、出来る練習も限られるように感じます。

しかし、そこは決して弱点ではなく、強みだと思います。

練習も効率よく、充実できて、食トレの面でも、全員でお互いで競える環境です!

一冬越えて、一人一人が大きく成長することが、来年の勝ちに繋がります。

甲子園で勝ってるイメージをもって、食トレを実践しよう!

 

甲子園で勝つために!

リベンジ!出雲西高校

夏、秋と悔しい結果となりました。

ただ、着実に力をつけています。

来年こそ、リベンジです!

必ずリベンジしよう。

そのために、出来るか出来ないかではなく、やるかやらないか、

まずは、やりましょう!

基準を高く!甲子園に!

食トレの基準も、甲子園に!

大きな成長の冬にしましょう!

 

やればできる!!

あと一歩!中津東高校

食トレを実践して、明らかに強くなり成長してきました。

野球の実績も伸びてきました。

しかし、あと一歩。

1度勝っても、次に悔しい結果になってしまっています。

ここから先は、継続力の勝負です。

当たり前のことを、人がやらなくなるまで出来るかどうか、我慢できるかどうか、

ここが強さになります。

 

来年は、No.1になるために、今悔しくても我慢して、やるべきことを継続しよう!

 

継続は力なり。

常に成長!瓊浦高校

今回の指導では、チーム内で食トレが1番苦手な選手の食べ方をチェックしました。

管理栄養士からのアドバイスも受けられ、選手の食べ方や意識も変わってきました。

お腹いっぱいに食べることが食トレではなく、自分自身が強くなることが、食トレです。

トレーニングの成果が、野球に活かせるよう、強くなることをイメージしながら食トレを実践しよう。

 

全ては勝つために!

悔しさを力に!水戸桜ノ牧高校

来月の指導から、本格的にオフシーズンで体を作るための指導になります。

これまでは、試合に向けて、ベストな状態で動けるための食トレがメインでした。

ここから先は、目先の調整ではなく、一冬越えた自分へのチャレンジです。

アスリートの自覚を持ち、食トレに励みましょう。

食べることも練習!

 

来年、絶対見返そう!